So-net無料ブログ作成

彼岸花その2 [日記]

 田園に一面に咲く彼岸花は、田んぼとのコントラストがいい感じですね。そんな彼岸花を求めて、かつてあちこちと走り回りました。最近は、畦の雑草刈りが彼岸花の芽を出す頃に行うところが多く、芽を切られた彼岸花はそれでおしまい。そんなわけであちこち走り回らないと、いいカットが撮れません。そんな思いで撮ったのがこのカットです。
 higannbana2.jpg

彼岸花 [日記]

 いい季節になりました。彼岸花を求めて岩座神の棚田へ。う~ん、ちょっと早すぎました。あと2日後が一番でしたね。平地は満開でしたので、期待できると思っていたんですが。標高が高い分、ちょっと遅れるんですね。前回はちょっと遅かったので、今回は期待度も大きかったので残念。また来年。
 彼岸花を育てるのは意外と難しいという。田園では勝手に増えていきますがね・・。
 higanbana.jpg

秋明菊 [日記]

shuumeikiku.jpg
 秋色の花のひとつ秋明菊。秋雨のなかでしっとりと咲くのが似合っている花ですね。
 中国の原産で古代に入ってきた帰化植物。茅葺きに似合う花なので日本産かと思っていました。原種は赤紫のようですね。我が家にも赤紫と白がありますが、白がなんとなくいいような。
 中国では「秋牡丹」と呼ばれていた。園芸書には「秋明菊」「秋牡丹」で紹介されることが多くなり、「しめ菊」「紫衣菊」「加賀菊」「越前菊」「貴船菊」「唐菊」「高麗菊」「秋芍薬」などの多様な別名で呼ばれるている。
 花色は赤紫色であるが、近年、他種との交配品種が市販されるようになり、弁数が少ない品種や白色の品種が多く栽培されいます。

 

コスモス [日記]

kosumosu.jpg
 晩夏。なんだか寂しい響きですね。次は秋。余計に寂しい季節です。歳のせいでしょうね。こんな感傷になるのは。コスモスは青空に映えて、そんな気持ちをやわらげてくれる花です。最近の休耕田を利用したコスモス畑より、田んぼの畦に咲くコスモスに惹かれます。今年はコスモス畑には行く気がしません。